« micro:bitで2桁表示するカスタムブロックを作る | トップページ | BLE-MIDIをSC-04E Dirty Unicornsで使う »

2017年10月11日 (水曜日)

SC-04EのカスタムROM入れ直し

 というか、また更新。ちょっと気になることがあったので。9月にも更新したのだけど、それより新しいROMがあったことにいまさら気づく。

 ということで、最初に導入した時とはやることが違うので、改めてまとめる。

 いろいろ忘れてる。ポイントはこのへん。

 Titanium Backupのバックアップ先の設定はここ
 書き込みができないと言われるやつ。「ストレージプロバイダー」を選んで「DocumentProviderストレージ」に変更すればよい。

 でもって、LINEのバックアップ関連はここ
 ストレージの設定をバックアップしておく。アプリのバックアップ先と別にしておいたほうが、間違って書き戻さなくていいとか。で、終わったら戻す。フォルダ指定の際に、前のディレクトリの中身を移すか? と聞かれるが、ここではもちろんNo。意味がなくなるので。で、復元時は「Andorid IDの管理」から「Android IDを復元」すればよい。

 nanacoはいったん機種変更手続き的なことをやっておく。ここ
 引継番号ってのを発行しておく。

 もちろん、アプリのバックアップはしておく。さらにCWMでのバックアップも念のためやっておく。

 また忘れたらこれを見る。


|

« micro:bitで2桁表示するカスタムブロックを作る | トップページ | BLE-MIDIをSC-04E Dirty Unicornsで使う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35726/65905008

この記事へのトラックバック一覧です: SC-04EのカスタムROM入れ直し:

« micro:bitで2桁表示するカスタムブロックを作る | トップページ | BLE-MIDIをSC-04E Dirty Unicornsで使う »