« Aspire V5-122PがWindows Updateでマウスの動きが悪くなる | トップページ | USB-MIDI foot controller / USB-MIDIフットコントローラー作った »

2018年2月21日 (水曜日)

トラ技付録IoT ExpressとESP32、ESP8266

4p1110275

 去年の話になってしまうのだが、トランジスタ技術2017年11月号の付録「Wi-Fiアルデュイーノ」ことIoT Expressを作った。

 付録はESP32を積んだArduino互換ボード。付録としてはプリント基板のみで、パーツはaitendoで購入。

 雑誌を買ったのが10月末でパーツを買ったのは12月5日頃だったか。今更ながらメモ。

 aitendoのパーツセットはいくつか種類があり、実際に購入したのは、USB-シリアル変換が付属したもの。それもいくつか種類があったのだけど、使いやすそうな形状のやつを選択(なにもわかってない)。並べてみるとこんな感じ(なんか足りない気がする)。

1p1110271

 袋に小分けになってたのを開けるとこんな感じ。

2p1110273

 本誌を見ながらはんだ付け。こんな細かいくて点数が多いものを作るのは初めてなので、かなり緊張。なんとかできた。作成中は必死だったので、写真なし。でもって、こんなふうに出来上がった。

3p1110274

 サンプルのプログラムを入れてみると見事に動かない。たぶん、バグがあるんだろう。とか適当に思いながら修正して、なんとかWiFi経由で内蔵ウェブサーバー機能にPCからアクセスできるように。なるほど、いろいろできそうだ。


 その後、赤外線リモコン機能を加えようといろいろやったのだけど、ちょっとうまくいかず(詳しくは別の機会に)。いろいろ回路を見ても不具合は見つけられない。とか思ってたら、記事内に間違いがあったとツイッターで知る。出来上がったボードをよく調べると2つのコンデンサーが間違ってた。外して入れ替えてなんとかなった。

 さらにその後。microSDカードスロットがおかしいと気づく。カードを押し込んでも止まってくれない。バネで跳ね返ってくる。パーツの不良か? 周りのパーツが邪魔で付け替えるのは大変そうだ。取り付ける前に気づいてればなんとかなったのに。まあ、すぐ使いたい機能というのではないので、放置の方向で。

 いろいろ面白かったので、さらに同種のボードをいくつか買って試してるのが、年明けからの工作活動。ESP8266ボードとESP32ボードを数種。そのへんはまたあとで。


|

« Aspire V5-122PがWindows Updateでマウスの動きが悪くなる | トップページ | USB-MIDI foot controller / USB-MIDIフットコントローラー作った »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35726/66419128

この記事へのトラックバック一覧です: トラ技付録IoT ExpressとESP32、ESP8266:

« Aspire V5-122PがWindows Updateでマウスの動きが悪くなる | トップページ | USB-MIDI foot controller / USB-MIDIフットコントローラー作った »