カテゴリー「工作」の34件の記事

2019年5月15日 (水曜日)

M5Stackの種類を判別したいのだが

 M5Stack GreyとM5StickCの判別をしたいと思い、いろいろ試行錯誤。

 ライブラリを作成中。両方で動くようにしたい。
 機種に合わせて処理を変えたい(画面サイズが異なる)。

 といった感じ。
 最初は、「_M5STACK_H_」と「_M5STICKC_H」が定義されているかどうかを調べればいかと思ったのだけど、その前に

 #include  とか
 #include

 をライブラリのファイルに入れなくちゃいけないわけで。その時点で破綻している。

続きを読む "M5Stackの種類を判別したいのだが"

| | コメント (0)

2019年4月16日 (火曜日)

M5Stackで雑IRモジュール&TVリモコン

M5stackirmodule

 M5StickCで赤外線リモコンを作っていたのだけど、UIまわりが面倒なので、M5Stackでやり直し。

 UIまわりはメニューが簡単にできる M5Stack TreeView menu UI library を使用。

 モジュールの作り方とか、スケッチの詳細は後ほど。

続きを読む "M5Stackで雑IRモジュール&TVリモコン"

| | コメント (0)

2019年4月15日 (月曜日)

M5Stackで赤外線リモコン 家製協(AEHA)フォーマット

 M5StickCで赤外線リモコンの続き。ほぼ同じコードをM5Stackで動かそうとする。そこで気づいた話。Panasonicで使われる家製協(AEHA)フォーマットがうまく動かないという話だ。

 前回もなんかおかしいとは思っていた。東芝のTV、REGZAは問題なく動く。しかし、PanasonicのブルーレイレコーダーDIGAがうまくいかない。JavaScriptでRawDataを作ってM5Stackに送るのは問題ないのだが、カスタムコード+コマンドデータを送る方法だとだめなのだ。

 ライブラリはこれ。前回紹介したやつ。
 SensorsIot/Arduino-IRremote: Infrared remote library for Arduino: send and receive infrared signals with multiple protocols

 これの sendPanasonic を使うのだけど、うまくいかない。

 数回送って、たまに反応する、みたいな感じだ。10回中9回は空振りする感じ。

続きを読む "M5Stackで赤外線リモコン 家製協(AEHA)フォーマット"

| | コメント (0)

2019年4月10日 (水曜日)

M5StickCで赤外線リモコン

 M5StickCは赤外線のLEDを内蔵している。となれば、家電リモコンを作るしかないのです。

 1年くらい前からESP8266でリモコン作りをしているので、カンタン。と思ったものの、ESP32搭載のM5StickCはいろいろ違うのでした。そうこうしているうちにまず試したのがこんな感じ。


 M5StickC IR Remote

 M5StickCのサンプルにIRを使ったものがあり、一見よく知ってるライブラリっぽいと思ったのですが、どうやってもうまくいかず(使用するリモコンコードの並びが違うっぽい)。そこで、今まで使ったことがあるライブラリから物色。

続きを読む "M5StickCで赤外線リモコン"

| | コメント (0)

2019年4月 9日 (火曜日)

ESP32でWiFi Manager、設定を消去

 M5StickCをテスト中。ウェブサーバー機能を使うので、WiFiのSSIDなどの設定をカンタンにできるWiFi Managerを使用。いろいろうまくいかない。
 参考にしたのはこれ。

ESP32 WiFiのSSID、パスワードを外部から設定しアクセスポイントに接続 - Qiita

 WiFi Manager for ESP32 zhouhan0126/WIFIMANAGER-ESP32: wifimanager-esp32 を使ってみるが、うまくいかない。コンパイルができない。いろいろ探して、これにした。Brunez3BD/WIFIMANAGER-ESP32: wifimanager-esp32

 で、場合によっては一度設定したSSIDやパスワードを消去したいこともあろうと思い調べる。最初のリンクにはこうある。

記憶されたAP情報はESP32では以下のメンバ関数ではクリアできない。
wifiManager.resetSettings();
EEPROM情報をクリアする場合はESP-IDFのプロジェクトライブラリで以下のコマンドを実行する。
$ make erase_flash

 ESP32では、スケッチ側でできないのか? 参った。

 さらに調べる。 WiFi.disconnect(true); でOKという情報もあったけど、うまくいかない。とか思ってたら、ここにあった。

 WiFi.disconnect(true) problem · Issue #400 · espressif/arduino-esp32

 WiFi.disconnect(true) のあとに WiFi.begin("0","0"); するのがポイントらしい。

 ということで、書かれているように、情報を消去してからリセットすることに。リセットのあとにdelayを入れるのも重要らしい。

  WiFi.disconnect(true);   // still not erasing the ssid/pw. Will happily reconnect on next start
  WiFi.begin("0","0");       // adding this effectively seems to erase the previous stored SSID/PW
  ESP.restart();
  delay(1000);

 あとは、メインの処理を書いていくだけだ。がんばろう。

| | コメント (0)

2019年3月25日 (月曜日)

M5StickC届いた

 M5Stack.comが3月前半に行っていたキャンペーン的なやつで注文した新製品M5StickCが届いた。


 M5Stackで作ったプロジェクトを紹介したら、最新版を早く購入できるという感じのやつ。確か15日に申し込み締め切りであった。で、今日届いた。ぴったり10日。


 ケース入りなのだが、中味は本体しか入ってない。ジャンプワイヤはおろかUSBケーブルも入ってない。正式販売もこの構成なのかはちょっとわからない。とりあえず、サイズ感とかボタンの位置とかがわかる動画を作った。



M5StickC arrived

 動画を見ればわかるが、LEDもある。Fireにもあるんだっけ? Grayしか持ってなかったのでそれはそれで新鮮。

| | コメント (0)

2019年2月27日 (水曜日)

ESP8266搭載D1 miniでI2C接続のOLEDを使う - SDA/SCLのピン変更

Oled

 ESP8266を搭載したWemos D1 miniというボードで いろいろテスト中。液晶に各種センサーで取得した情報を、PCではなくデバイス側で見られるようにしたく思い、AliExpressで300円以下の激安OLEDディスプレイモジュールを購入。I2C接続しようと思ったらちょっとはまった。

 購入したのは128x64のほんとに小さなOLEDディスプレイモジュール。画面サイズは0.96インチだそうだ。で、このモジュール。I2Cを使う。

続きを読む "ESP8266搭載D1 miniでI2C接続のOLEDを使う - SDA/SCLのピン変更"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月24日 (日曜日)

MIDIフットスイッチを自作

 「こういうのを作っておけば、いろいろ使えるんだよな」と、前々から思っていたものをやっと作った。

Footsswitch800

 市販のフットスイッチをつなげるジャックをつける
 PCとの接続はUSB、ドライバなしでつながる
 スマホやタブレットにもつながる
 スイッチが送るMIDIデータはプログラム次第

 といったところ。例によって、Arduino Leonardo互換機で製作。ケースはaitendoで200円台で買ったもの。これを使う話はまたいつか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月29日 (火曜日)

ダンボールスピーカーとラズパイ

 Raspberry Pi Zeroでオーディオをなんとかしたい話。その1(たぶん)。スピーカー作るよ。

 Raspberry Pi Zero Wを買ったのは2017年だったか。珍しくスイッチサイエンスに在庫があるということで買ったのだったか。で、長いこと放置してたのだけど、その後、ラズパイでスマートスピーカーを作ろうと思い、いろいろ試したのが2018年の11月ころ。なんとか音が出た(詳細はまたいつか)のだけど、いちいち既存のオーディオシステムとかヘッドホンにつなぐのが面倒なので、専用のやつを作ろうと思ったのだった。


続きを読む "ダンボールスピーカーとラズパイ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月23日 (木曜日)

ESP8266ボードで赤外線リモコンを作る

 ESP8266ボードでIoTデバイス的なものを作る話の第4弾。いよいよブレッドボードを使って回路を組んでいきます。

1p1170750

 作成するのは、既存の家電をスマート家電にさせられる(かもしれない)赤外線リモコン。赤外線を出力するLEDと赤外線を受信するモジュールをメインに使用。作成したデバイスはスマホからコントロールできるようにします。

続きを読む "ESP8266ボードで赤外線リモコンを作る"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧